カテゴリー

Railsツライ?

【2019年版】初心者プログラマーにruby on railsがオススメできない3つの理由

こんにちはハムです。

今日はrailsがなぜ初心者エンジニアにおすすめできないかを書いて見ようと思います。

railsの習得につまづいてる人やrailsに挫折した人の参考になればと思います^^

仕組みを理解するのが難しい

railsは便利なもので、数回コマンド叩いたり数行書くだけでブログやらログイン機能ができますが、初心者がこれをやると実際どういう仕組みで何が起きてるのか理解するのが難しいです

railsチュートリアルやった人は言ってることがよく分かるんじゃないかと思います。
仕組みがちゃんと理解できてないまま実案件をやると大変なのは一目瞭然ですね。

向いてるプロジェクトと向いてないプロジェクトがある

railsは簡単なプロダクトを速く作ることに特化したものです。人数の規模も1-4人ほどで少なければ少ないほど速く作れると言われています。実際、自分感覚としてもそうでほとんうに少人数で開発するのに向いたものです。

ハム

ハム

railsは少人数での開発向けなんよ

ブームは去りつつある

railsは数年前に比べるとブームの熱が冷めつつあります。ようやくみなさんrailsが少人数向けのものだということに気が付いたようですね^^;

案件に関してはまだまだ多いですが、laravelやgoの勢いが増してきています。そのうちスタートアップ以外はメインで使わなくなるんじゃないかと読んでいます。

とはいえ

なんやかんや言ってきましたが、少人数で高速な開発をするならrailsは便利です。みなさん使うプロジェクトを間違えないように^^。

ハム

ハム

とりあえずrails使っとけみたいなプロジェクトは要注意や

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初級|中級のプログラマーのためのブログはじめました。

フルリモートで働きたいエンジニアが知っとくべき3つのこと

関連記事

ハム
senior programmer
10年以上Webエンジニア。 プログラマーになろうとしてる人のために日々業界のあれこれを発信。 WordPressテーマ開発者。アフィリエイター。

カテゴリー

アーカイブ